Code Serendipity

Keyword: Ruby, Python, javascript, RoR, heroku, AWS...

Code Serendipity

Keyword: Ruby, Python, wordpress, javascript, AWS...

【新型mac関連】周辺機器の規格についてまとめ【USB-C、thunderbolt、HDMI、DVI、VGA、その他色々なUSB規格】

f:id:serendipity4u:20170417171242j:plain

新しいmacbook12inchにして、初めてパソコン周辺機器の規格を意識した人も多いのでは。新型macを取り巻く、いろんな規格と経緯についてまとめてみました。

充電ポートがUSB-C。って今までのUSBと何が違うの?

そもそも、USBとは、ユニバーサル・シリアル・バスの略で、バスとはコンピュータの内外の各回路がデータを交換するための共通の経路を指すコンピュータ用語。このUSBの規格が大変たくさん出来てしまった。まずは最新のUSB-Cから紹介していく。

いろいろUSB① USB-C とは

「USB」「Mini-USB」「Micro-USB」など、世の中に入り乱れた様々なUSB規格を統一するために開発されたUSB-C。 裏表がない。 USB micro-Bの約2倍の抜き差し回数に対応する耐久性を持ち、最大伝送速度10Gbpsと高速で、マイクロUSB端子(マイクロB)とほぼ同じ小ささ。

今後はおそらく、世界的にUSB Type-Cが標準化され、Type-Cのコネクタを搭載していれば簡単に機器同士を接続して給電からデータ通信まですべてできるようになるとされている。

いろいろUSB② USB-A とは

よく見るタイプ。 接続した直後からパソコンの再起動無しにすぐ使え、取り外し時もパソコンは再起動無しにそのまま使える「プラグ アンド プレイ」を体現して、当時のPCユーザーを熱狂させた。

いろいろUSB③ USB-Bとは

プリンタなどの周辺機器に使うことが多い。

いろいろUSB④ mini-USB

http://image.rakuten.co.jp/vis-a-vis/cabinet/new_product11/first_usb_s_2.jpg (画像はリンク先のもの)

もともとデジタルカメラなどのために作られた規格。 USB-mini Aが1000回使ったら壊れる耐久性の低さだったので、5000回抜き差しに耐えるよう改良されたBタイプが普及した。 とはいえ5000回も少ないと苦情が殺到し、microUSBという型が生まれた。

micro USB

https://i.stack.imgur.com/djvOc.png (画像はリンク先のもの)

1万回の抜き差しに耐え、しかも小さく、その上コストも安い。 USB2.0の速度。 これもタイプAとタイプBがありBはAの改良版で、Bがオーソドックスなタイプとなっているので、Aは割愛。Bの接続端子部分が台形なのに対してAは長方形という特徴がある。

USBのバージョン 1.0とか2.0とかの違い

転送速度の違いを表す。

http://faq.buffalo.jp/app/answers/detail/a_id/946/p/0,731,732,7801,7802 (画像はリンク先のもの)

もともとはそんなに大きいデータの転送を想定していなかったUSB1.Xの時代、 ストレージ機器や、USB 接続のポータブルオーディオ機器の普及により、USB の伝送速度の向上が望まれるようになり、それを受ける形で USB1時代の「 High Speed 」モードが規格化され、これをサポートした USB 規格が「 USB 2.0 」として誕生した。

さらに、高解像度のカメラ機器、2D / 3D スキャナ、ディスプレイ機器などの映像機器、SSD やハードディスクなどの超高速ストレージ機器にもUSBが普及したことから、USB 2.0 よりもさらに高速な伝送速度の実現が求められるようになり、生まれたのが3.0。先代から約 10 倍近い速度アップを達成している。

LightningUSB

iPhoneのやーつ!裏表の違いがめんどくさかったUSBを、初めてリバーシブル構造にした。これは、iPhoneappleが独自に開発したUSBであり、厳密にはUSB規格の中には入っていない。

Thunderbolt3

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31N%2B0n9RyJL._SL160_.jpg Thunderboltは、インテルがアップルと共同開発した高速データ伝送テクノロジー。バカ速い。USBよりも多機能・高性能であり、ハイエンド向けの仕様となっている。稲妻マークがついているやつ。

Thunderbolt3は、コネクタの形状はUSB Type-Cと同一で、互換性がある。TypeCとの違いは転送速度で、Thunerbolt 3は最大40Gbpsに対し、USB Type-Cは最大10Gbps。

プレゼンのためにプロジェクターに投影しなきゃいけないけどHDMI、DVI、VGAとかってなんなのか把握してない

押さえておきたいことその1。進化の歴史

VGA(映像のみアナログ) → DVI-D(映像のみデジタル) → HDMI(映像と音声、デザイタル)

押さえておきたいことその2。デジタルのメリット。

データの劣化がない

見た目の違い

https://www.google.co.jp/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwj8xdS87arTAhUBQpQKHeRyA7MQjhwIBQ&url=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fhommalab%2Fminidmulti%2F&bvm=bv.152479541,bs.1,d.c2I&psig=AFQjCNFzYyeztZKDxTxANQUtwC60WQ9_Yg&ust=1492496620112246 (画像はリンク先のもの)

VGA(ビデオグラフィックアレイ)

「D-Sub」「ミニD-Sub」「HD15」「アナログRGB端子(三原色を表す「RGB」から由来)」などと呼ばれる。1987年にIBM社が開発し、PCグラフィックシステムの標準となった。アナログ接続のため、ケーブルや端子脇に差すピンの状態、またパソコンとモニタの距離などが、映像の品質をダイレクトに左右する。

DVI-D ( Digital Visual Interface

映像のみを転送するが、デジタル信号を直接送信できるので信号の劣化がない。

DVIからVGAへの変換ができるDVI-Iというタイプもある。

HDMI(高精細度マルチメディアインターフェイス)

2003年以降、登場するようになった。

現在発売されているパソコン、モニタには、たいてい標準搭載されているタイプの出入力端子。 映像、音声を1本のケーブルでいっぺんに送受信できるため、パソコン周辺がまとまる。パソコンとモニタのみだけでなく、テレビなどをディスプレイとして使用することもできる。

参考

http://xn–cckj1c6179bklua.biz/archives/7306.html http://yuu73.xsrv.jp/usbkikaku https://ja.wikipedia.org/wiki/Thunderbolt https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=691521437620220&id=284548764984158